とちお祭大花火大会2018/8/26

とちお祭大花火大会2018は2018年8月26日に行われます。とちお祭大花火大会2018ではとちお祭のフィナーレとして、市街地を見下ろす高台からラストを飾る千輪の会による超大型スターマイン(約10分間)など約5,000発の花火が夜空を彩ります。なおとちお祭では大民謡流し・みこし渡御などのイベントも行われます。(要確認)

【とちお祭大花火大会2018 日程・時間(要確認)】
とちお祭大花火大会2018・・・2018年8月26日(日曜日)19:30~20:45(小雨決行・荒天延期)

【とちお祭大花火大会2018 会場アクセス・地図】
場所・・・新潟県長岡市・鳩峰タカ待場

*JR長岡駅から栃尾方面行きの場合、栃尾車庫
●無料駐車場あり

スポンサーリンク


【とちお祭大花火大会2018 概要(種類・規模)】
とちお祭大花火大会2018ではとちお祭のフィナーレとして、市街地を見下ろす高台からラストを飾る千輪の会による超大型スターマイン(約10分間)など約5,000発の花火が夜空を彩ります。なおとちお祭では大民謡流し・みこし渡御など様々なイベントも行われます。(要確認)
●10号玉・・・直径約29.5センチ・重さ約8.5キロで、尺玉(1尺玉)とも言われています。10号玉は一般的に東京タワーとほぼ同じ高さの約330メートルまで打ち上げられ、直径約320メートルにも広がるそうです。
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。
●早打ち・・・数秒間隔で次々に花火を打ち上げることです。

有料席・・・なし
*参考・・・とちお祭大花火大会2018(時間・観覧席・穴場・・・)

【とちお祭大花火大会 歴史・簡単概要】
とちお祭大花火大会(とちおまつりおおはなびたいかい)は第60回目を超える歴史ある花火大会です。とちお祭大花火大会はとちお祭の一環として、そのフィナーレに行われています。ちなみにとちお祭では花火大会以外にも樽みこし・綱引き選手権大会・大民謡流しなどのイベントも行われています。なおとちお祭大花火大会は一般社団法人栃尾観光協会が主催して行われています。
*参考・・・とちお祭大花火大会とちお祭大花火大会wikipedia

【長岡市 歴史・簡単概要】
とちお祭大花火大会が行われる長岡市(ながおかし)は新潟県の中部(中越地方)に位置しています。長岡市は新潟県内で新潟市に次いで2番目に人口が多い都市です。長岡市は新潟市・燕市・三条市・見附市・魚沼市・小千谷市・十日町市・柏崎市・佐渡市・出雲崎町・刈羽村・弥彦村に接しています。長岡市は越後平野の南部に位置し、北部が日本海に面しています。長岡市は長野県から新潟県を流れる信濃川水系の本流で、日本一番長い川である一級河川・信濃川が中央を南北に流れ、その両岸に市街地が発達しています。長岡市は過去に記録的な豪雪を何度も経験した豪雪地帯で、地下水を利用した消雪パイプ網があることで知られています。また長岡市は大部分が盆地であることから夏場は暑いとも言われています。長岡市は1616年(元和2年)に越後村上藩主・掘直竒(ほりなおより)が長岡城を築城し、長岡藩の城下町として栄えました。明治時代に東山油田が開発され、その後新潟県内で新潟市に次いで第2の商工都市に発展しました。なお長岡市は1906年(明治39年)に市制に移行しました。
*参考・・・長岡市・とちお祭大花火大会長岡市・とちお祭大花火大会wikipedia/a>

【とちお祭大花火大会2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 全国新作花火競技大会

    全国新作花火競技大会2018/9/1

    全国新作花火競技大会2018は2018年9月1日に行われます。全国新作花火競技大会2018では全国か…

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 土浦全国花火競技大会
    土浦全国花火競技大会2017は2017年10月7日に行われます。土浦全国花火競技大会2017では速射…
  2. 大曲の花火
    大曲の花火2018(全国花火競技大会)は2018年8月25日に行われます。大曲の花火2018では「あ…
  3. 飛騨高山花火大会2018は2018年8月1日に行われます。飛騨高山花火大会2018では風情溢れる古い…

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る