勝毎花火大会2018/8/13

勝毎花火大会

勝毎花火大会2018は2018年8月13日に行われます。勝毎花火大会2018では花火・照明・音楽・特殊効果のコラボにより、スターマインの連射・グランドフィナーレの夜空一面に広がる錦冠(にしきかむろ)などの花火が夜空を彩ります。勝毎花火大会は打上数が非公開です。なお勝毎花火大会では売店もあります。

【勝毎花火大会2018 日程・時間(要確認)】
勝毎花火大会2018・・・2018年8月13日(月曜日)19:30~21:00(荒天延期8月14日)

【勝毎花火大会2018 会場アクセス・地図】
場所・・・北海道帯広市・十勝川河川敷特設会場(十勝大橋下流)

*JR帯広駅(特設駐車場)から有料シャトルバス
●特設駐車場あり、会場周辺なし

スポンサーリンク


【勝毎花火大会2018 概要(種類・規模)】
勝毎花火大会2018では花火・照明・音楽・特殊効果のコラボにより、スターマインの連射・グランドフィナーレの夜空一面に広がる錦冠(にしきかむろ)などの花火が夜空を彩ります。勝毎花火大会は打上数が非公開です。なお勝毎花火大会では売店もあります。
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。

有料席・・・あり
*参考・・・勝毎花火大会2018(時間・観覧席・穴場・・・)

【勝毎花火大会 歴史・簡単概要】
勝毎花火大会(かちまいはなびたいかい)は1929年(昭和4年)8月15日に初代十勝毎日新聞社社長・林豊州が北海道最初の花火大会を帯広で行いたいと商工業者に協賛を呼び掛けて行ったのが始まりです。その後太平洋戦争などで一時途切れたが、1956年(昭和31年)に1927年(昭和2年)から行われていた帯広平和まつり(おびひろ平原まつり)の協賛行事として復活しました。なお勝毎花火大会は第65回目を超える歴史ある花火大会です。
*参考・・・勝毎花火大会勝毎花火大会wikipedia

【帯広市 歴史・簡単概要】
勝毎花火大会が行われる帯広市(おびひろし)は北海道の中南部に位置し、十勝総合振興局所在地です。帯広市は十勝平野(とかちへいや)の平坦な台地にあり、南西部に日高山脈襟裳国定公園に指定されている山岳地帯があります。帯広市の地名は川尻が幾重にも裂けた川を意味するアイヌ語「オペレペレケプ」に由来しています。帯広市は1883年(明治16年)に静岡県出身の晩成社移民団が入植し、1903年(明治36年)に帯広監獄が設置されてから急速に市街地が形成され、農業を基幹産業とした十勝地方の農産物集積地で、行政・経済の中心地に発展しました。ちなみに明治時代に農耕馬を競争させたことに由来するばんえい競馬が帯広市で唯一現在も開催しています。帯広市は北海道の内陸部に位置していることから1日の最高気温と最低気温の差が大きいのが特徴です。なお帯広市は1933年(昭和8年)に市制に移行しました。
*参考・・・帯広市・勝毎花火大会帯広市・勝毎花火大会wikipedia

【勝毎花火大会2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 全国新作花火競技大会

    全国新作花火競技大会2018/9/1

    全国新作花火競技大会2018は2018年9月1日に行われます。全国新作花火競技大会2018では全国か…

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 土浦全国花火競技大会
    土浦全国花火競技大会2017は2017年10月7日に行われます。土浦全国花火競技大会2017では速射…
  2. 大曲の花火
    大曲の花火2018(全国花火競技大会)は2018年8月25日に行われます。大曲の花火2018では「あ…
  3. 飛騨高山花火大会2018は2018年8月1日に行われます。飛騨高山花火大会2018では風情溢れる古い…

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る