千代田の祭川せがき2018/8/18

千代田の祭川せがき2018は2018年8月18日に行われます。千代田の祭川せがき2018では僧侶による読経・燈ろう流しによって精霊を送り、スターマインなど約5,000発の花火が夜空を彩ります。140年以上の歴史があるとも言われています。なお民踊流しなどのイベントが行われたり、模擬店が立ち並んだりします。(要確認)

【千代田の祭川せがき2018 日程・時間(要確認)】
千代田の祭川せがき2018・・・2018年8月18日(土曜日)19:00~20:45(小雨決行・荒天順延8月19日)

【千代田の祭川せがき2018 会場アクセス・地図】
場所・・・群馬県邑楽郡千代田町・利根川河畔赤岩地先

*東武鉄道館林駅からタクシー
●無料駐車場あり

スポンサーリンク


【千代田の祭川せがき2018 概要(種類・規模)】
千代田の祭川せがき2018では僧侶による読経・燈ろう流しによって精霊を送り、スターマインなど約5,000発の花火が夜空を彩ります。千代田の祭川せがき140年以上の歴史があるとも言われています。なお千代田の祭川せがきでは民踊流しなどのイベントが行われたり、模擬店が立ち並んだりします。(要確認)
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。

有料席・・・なし
*参考・・・千代田の祭川せがき2018(時間・観覧席・穴場・・・)

【千代田の祭川せがき 歴史・簡単概要】
千代田の祭川せがき(ちよだのまつりかわせがき)は140年以上の歴史がある行事です。豆腐店「かぶと屋」の主人が赤岩光恩寺の住職と相談し、1877年(明治10年)7月4日に利根川で誤って水死した奉公人・倉吉の霊を供養したのが始まりと言われています。千代田の祭川せがきでは花火大会・燈ろう流し(川せがき)以外にもイベントが行われます。なお千代田の祭川せがきは千代田の祭川せがき実施委員会が主催して行われています。
*参考・・・千代田の祭川せがき千代田の祭川せがきwikipedia

【千代田町 歴史・簡単概要】
千代田の祭川せがきが行われる千代田町(ちよだまち)は群馬県の南東部に位置しています。千代田町は板倉町(いたくらまち)・明和町(めいわまち)・大泉町(おおいずみまち)・邑楽町(おうらまち)とともに邑楽郡(おうらぐん)を構成し、群馬県の館林市・大泉町・邑楽町・明和町、埼玉県の熊谷市・行田市に接しています。ちなみに行田市との間には利根大堰(おおぜき)があります。千代田町は坂東太郎と言われる利根川水系の本流で一級河川・利根川中流の北岸(左岸)に位置し、利根川に沿って東西に細長く延びた平坦地が広がっています。千代田町は江戸時代に赤岩が利根川十六渡津(坂東十六渡津)に数えられ、河港として栄えました。現在も赤岩渡船(あかいわとせん)が赤岩と対岸の埼玉県熊谷市葛和田を結んでいます。千代田町は「群馬の穀倉」とも言われる群馬県内屈指の穀倉地帯で、現在稲作・麦、そして庭園樹・花木栽培が盛んに行われています。また1979年(昭和54年)に北隣の邑楽町に掛けて、鞍掛第二工業団地が完成し、ビール工場などが立地しています。なお千代田町は1982年(昭和57年)に町制に移行しました。
*参考・・・千代田町・千代田の祭川せがき千代田町・千代田の祭川せがきwikipedia

【千代田の祭川せがき2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 全国新作花火競技大会

    全国新作花火競技大会2018/9/1

    全国新作花火競技大会2018は2018年9月1日に行われます。全国新作花火競技大会2018では全国か…

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 土浦全国花火競技大会
    土浦全国花火競技大会2017は2017年10月7日に行われます。土浦全国花火競技大会2017では速射…
  2. 大曲の花火
    大曲の花火2018(全国花火競技大会)は2018年8月25日に行われます。大曲の花火2018では「あ…
  3. 飛騨高山花火大会2018は2018年8月1日に行われます。飛騨高山花火大会2018では風情溢れる古い…

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る