吉舎ふれあい祭り2018/8/15

吉舎ふれあい祭り2018は2018年8月15日に行われます。吉舎ふれあい祭り2018ではお祭りのフィナーレに多種多様な約3,000発(昨年データ)の花火が夜空を彩ります。吉舎ふれあい祭りでは夕闇がせまる頃に馬洗川で大小さまざまな5,000個以上の灯ろうに火が灯され、辺りは幻想的な空気に包まれます。なおイベントも行われるそうです。(要確認)

【吉舎ふれあい祭り2018 日程・時間(要確認)】
吉舎ふれあい祭り2018・・・2018年8月15日(水曜日)20:00~(小雨決行・荒天延期8月16日)(現在確認中・要確認)

【吉舎ふれあい祭り2018 会場アクセス・地図】
場所・・・広島県三次市・親水公園周辺 三次市吉舎支所前(馬洗川)

*JR吉舎駅
●無料駐車場あり

スポンサーリンク


【吉舎ふれあい祭り2018 概要(種類・規模)】
吉舎ふれあい祭り2018ではお祭りのフィナーレに多種多様な約3,000発(昨年データ)の花火が夜空を彩ります。吉舎ふれあい祭りでは夕闇がせまる頃に馬洗川で大小さまざまな5,000個以上の灯ろうに火が灯され、辺りは幻想的な空気に包まれます。なお吉舎ふれあい祭りではイベントも行われるそうです。(要確認)
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。

有料席・・・なし
*参考・・・吉舎ふれあい祭り2018(時間・観覧席・穴場・・・)

【吉舎ふれあい祭り 歴史・簡単概要】
吉舎ふれあい祭り(きさふれあいまつり)は第30回目を超える歴史あるイベントです。吉舎ふれあい祭りでは花火大会だけでなく、馬洗川で大小の灯籠に明かりが灯され、イベントも行われます。吉舎ふれあい祭りは三次市の夏の風物詩で、夏の夜の光の祭典とも言われています。なお吉舎ふれあい祭りは吉舎ふれあい祭り実行委員会が主催して行われています。
*参考・・・吉舎ふれあい祭り吉舎ふれあい祭りwikipedia

【三次市 歴史・簡単概要】
吉舎ふれあい祭りが行われる三次市(みよしし)は広島県の北部に位置しています。三次市は広島県の安芸高田市・庄原市・東広島市・府中市・世羅町、島根県の美郷町・邑南町・飯南町に接しています。三次市は中国地方の中心部に位置し、標高約1,218メートルの阿佐山を源とし、中国太郎とも言われる中国地方で最大の一級河川・江の川(ごうのかわ・可愛川)の支流である馬洗川(ばせんがわ)・西城川(さいじょうがわ)・神之瀬川(かんのせがわ)などが集まる三次盆地にあります。ちなみに三次市は三次盆地や河川の影響により、秋から早春の快晴の日の早朝に深い霧に覆われ、霧の海として知られています。三次市は古くから出雲街道の要地で、出雲・広島・尾道の山陰・山陽を結ぶ交通の要所でした。三次市は安土桃山時代に三吉氏の城下町として発展し、江戸時代に広島藩の支藩・三次藩の城下町になり、江の川の舟運交通の河港町としても栄えました。その後1720年(享保5年)に三次藩は廃藩となり、広島藩に還付されました。三次市は城下町で、旧街道に卯建(うだつ)のある商家が並び、史跡や忠臣蔵ゆかりの鳳源寺などもあることから「備後の小京都」とも言われているそうです。三次市ではブドウが盛んに栽培され、規格外ブドウの活用したワインも生産されているすです。なお三次市は1954年(昭和29年)に市制に移行しました。
*参考・・・三次市・吉舎ふれあい祭り三次市・吉舎ふれあい祭りwikipedia

【吉舎ふれあい祭り2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 全国新作花火競技大会

    全国新作花火競技大会2018/9/1

    全国新作花火競技大会2018は2018年9月1日に行われます。全国新作花火競技大会2018では全国か…

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 土浦全国花火競技大会
    土浦全国花火競技大会2017は2017年10月7日に行われます。土浦全国花火競技大会2017では速射…
  2. 大曲の花火
    大曲の花火2018(全国花火競技大会)は2018年8月25日に行われます。大曲の花火2018では「あ…
  3. 飛騨高山花火大会2018は2018年8月1日に行われます。飛騨高山花火大会2018では風情溢れる古い…

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る