大曲の花火秋の章2018/10/13

大曲の花火秋の章2018は2018年10月13日に行われます。大曲の花火秋の章2018では「花火劇場~エバーグリーン~」をテーマに2尺玉など約8,000発の花火が夜空を彩ります。大曲の花火秋の章は120秒創造花火劇場・日本花火作家選抜「伝統割物と斬新自由玉」・フィナーレ花火007「大曲より愛を込めて」・終幕「二尺玉打ち留め」に分かれて行われます。

【大曲の花火秋の章2018 日程・時間(要確認)】
大曲の花火秋の章2018・・・2018年10月13日(土曜日)18:00~19:15(雨天決行)

【大曲の花火秋の章2018 会場アクセス・地図】
場所・・・秋田県大仙市・雄物川右岸河川敷(大曲花火大橋下流)

*JR大曲駅
●駐車場あり、交通規制あり

スポンサーリンク


【大曲の花火秋の章2018 概要(種類・規模)】
大曲の花火秋の章2018では「花火劇場~エバーグリーン~」をテーマに2尺玉など約8,000発の花火が夜空を彩ります。大曲の花火秋の章はオープニング花火・ディスコ花火・120秒創造花火劇場・ハーフタイムショー・日本花火作家選抜「伝統割物と斬新自由玉」・フィナーレ花火007「大曲より愛を込めて」・終幕「二尺玉打ち留め」に分かれて行われます。
●2尺玉・・・直径約59センチの20号玉(直径約58.5センチ・重さ約70キロ)のこと言います。2尺玉は一般的に高さ約500メートルまで打ち上げられ、直径約480メートルにも広がるそうです。

有料席・・・あり
*参考・・・大曲の花火秋の章2018(時間・観覧席・穴場・・・)

【大曲の花火秋の章 歴史・簡単概要】
大曲の花火秋の章(おおまがりのはなびあきのしょう)は大仙市・大仙市商工会・大曲商工会議所で策定した「大仙市花火産業構想」四季の花火事業の一環、また秋田の伝統芸能が大仙市に集合する祭典「新・秋田の行事in大仙2017」とコラボして行われます。ちなみに大仙市では1910年(明治43年)に行われた諏訪神社の神事の余興花火を起源とする大曲の花火(全国花火競技大会)が行われています。なお大曲の花火秋の章は全国花火競技大会実行委員会が主催して行われています。
*参考・・・大曲の花火秋の章大曲の花火秋の章wikipedia

【大仙市 歴史・簡単概要】
大曲の花火秋の章が行われる大仙市(だいせんし)は秋田県の南東部に位置しています。大仙市の名称は大曲市の「大」と仙北郡の「仙」を合わせたものです。大仙市は秋田県の秋田市・由利本荘市・横手市・仙北市・美郷町、岩手県の西和賀町に接しています。大仙市は北部から西部に出羽山地(出羽丘陵)・東部に日本最長の山脈である奥羽山脈があり、横手盆地西部から真昼山地に位置し、大仙山を源とする一級河川・雄物川(おものがわ)や雄物川水系の一級河川・横手川などが流れています。大仙市の面積は東京23区の面積よりも広い、866.67平方キロメートルにもなります。大仙市の大曲地区は江戸時代に羽州街道の宿場町で本陣が置かれたことから仙北地方の商業の中心地になり、角間川は雄物川舟運の要所となって河港として栄えたそうです。大仙市は大曲地区に市役所本庁が置かれ、国や県の出先機関も集中しているそうです。大仙市は昭和初期に完成した田沢疏水などにより、秋田県内有数の穀倉地帯で、稲作や果樹・野菜の栽培が盛んに行われています。なお大仙市は2005年(平成17年)3月22日に大曲市と仙北郡の神岡町・西仙北町・中仙町・協和町・仙北町・太田町・南外村の合計8市町村が合併して誕生しました。
*参考・・・大仙市・大曲の花火秋の章大仙市・大曲の花火秋の章wikipedia/a>

【大曲の花火秋の章2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 全国新作花火競技大会

    全国新作花火競技大会2018/9/1

    全国新作花火競技大会2018は2018年9月1日に行われます。全国新作花火競技大会2018では全国か…

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 土浦全国花火競技大会
    土浦全国花火競技大会2018は2018年10月6日に行われます。土浦全国花火競技大会2018では速射…
  2. 大曲の花火
    大曲の花火2018(全国花火競技大会)は2018年8月25日に行われます。大曲の花火2018では「あ…
  3. 飛騨高山花火大会2018は2018年8月1日に行われます。飛騨高山花火大会2018では風情溢れる古い…

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。