奥州水沢の花火大会2017/8/10

奥州水沢の花火大会2018は情報更新され次第、情報発信します。以下は昨年の情報です。花火は8月10日に行われます。奥州水沢の花火大会2017では奥州水沢夏まつりを締めくくりに超特大スターマイン・様々な趣向を凝らした創造花火など約9,000発の花火が夜空を彩ります。奥州水沢の花火大会2017は岩手県下有数の打上げ発数を誇る花火大会とも言われています。

【奥州水沢の花火大会● 日程(要確認)】
奥州水沢の花火大会●・・・2017年8月10日(木曜日) 19:30~21:00(小雨決行・荒天延期8月17日)

【奥州水沢の花火大会● アクセス・地図】
場所・・・岩手県奥州市・水沢競馬場

*JR水沢駅・JR水沢江刺駅からタクシー
●無料駐車場あり

スポンサーリンク


【奥州水沢の花火大会● 概要】
奥州水沢の花火大会2017では奥州水沢夏まつりを締めくくりに超特大スターマイン・様々な趣向を凝らした創造花火など約9,000発の花火が夜空を彩ります。奥州水沢の花火大会2017は岩手県下有数の打上げ発数を誇る花火大会とも言われています。
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。

有料席・・・なし
*参考・・・奥州水沢の花火大会(時間・観覧席・穴場・・・)

【奥州水沢の花火大会 歴史・簡単概要】
奥州水沢夏祭り(おうしゅうみずさわなつまつり)は1976年(昭和51年)に厄年連・進友会の創作踊りである「水沢ざっつぁか」を水沢市に寄付したことが起源です。ちなみに「ざっつぁか」は水沢の方言で、「雑然として何の計画も持たない・簡単に手早くやってのける」を意味する「雑雑」が転訛したものと言われています。なお奥州水沢の花火大会は水沢の夏祭りのフィナーレとして行われています。奥州水沢の花火大会は岩手県内で最大の規模とも言われています。
*参考・・・奥州水沢の花火大会奥州水沢の花火大会wikipedia

【奥州市 歴史・簡単概要】
奥州水沢の花火大会が行われる奥州市(おうしゅうし)は岩手県の南西部に位置しています。奥州市の名称は陸奥国(むつのくに)の別称に由来しています。奥州市は岩手県内で3番目の人口・面積を擁し、北部は花巻市・北上市・西和賀町・金ケ崎町、南部は一関市・平泉町、東部は遠野市・住田町、西部は秋田県東成瀬村に接しています。奥州市は東側を北上山地(きたかみさんち)・西側を東北地方の中央部にそびえる奥羽山脈(おううさんみゃく)に挟まれた北上盆地の南部にあり、中央を東北最大の河川と言われ、北上川水系の本流で一級河川・北上川が流れています。奥州市は802年(延暦21年)に征夷大将軍・坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が胆沢城(いさわじょう)を築いて奥羽平定の拠点とし、江戸時代には北上川の河港や盛街道(さかりかいどう)の交易市場として栄えました。なお奥州市は2006年(平成18年)に水沢市・江刺市・前沢町・胆沢町・衣川村が合併して成立しました。
*参考・・・奥州市・奥州水沢の花火大会奥州市・奥州水沢の花火大会wikipedia

【奥州水沢の花火大会● 備考】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 全国新作花火競技大会

    全国新作花火競技大会2017/9/2

    全国新作花火競技大会2018は情報更新され次第、情報発信します。以下は昨年の情報です。花火は9月2日…

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 土浦全国花火競技大会
    土浦全国花火競技大会2017は2017年10月7日に行われます。土浦全国花火競技大会2017では速射…
  2. 大曲の花火
    大曲の花火2018は情報更新され次第、情報発信します。以下は昨年の情報です。花火は8月26日に行われ…
  3. 飛騨高山花火大会2018は情報更新され次第、情報発信します。以下は昨年の情報です。花火は8月2日に行…

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。