小田原酒匂川花火大会2017/8/5

小田原酒匂川花火大会2018は情報更新され次第、情報発信します。以下は昨年の情報です。花火は8月5日に行われます。小田原酒匂川花火大会2017ではストーリー性を持た4部構成で行われ、スターマイン・小型煙火・花火と音楽をシンクロさせた音楽花火・小田原大橋に沿って酒匂川を横断する全長約300メートルのナイアガラなど約10,000発の花火が夜空を彩ります。

【小田原酒匂川花火大会● 日程(要確認)】
小田原酒匂川花火大会●・・・2017年8月5日(土曜日)19:10~20:00(小雨決行・荒天延期8月7日)

【小田原酒匂川花火大会● アクセス・地図】
場所・・・神奈川県小田原市・酒匂川スポーツ広場

*JR鴨宮駅
*JR小田原駅・小田急小田原駅から城東車庫行きバス・今井下車
●駐車場なし

スポンサーリンク


【小田原酒匂川花火大会● 概要】
小田原酒匂川花火大会2017ではストーリー性を持た4部構成で行われ、スターマイン・小型煙火・花火と音楽をシンクロさせた音楽花火・小田原大橋に沿って酒匂川を横断する全長約300メートルのナイアガラなど約10,000発の花火が夜空を彩ります。
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。
●ナイアガラの滝・・・焔管(えんかん)を速火線で連結して一列に吊し、点火すると焔管から火の粉が一斉に流れ落ちる仕掛け花火です。長いものでは2,000メートルにもなるものがあるそうです。

有料席・・・あり
*参考・・・小田原酒匂川花火大会(時間・観覧席・穴場・・・)

【小田原酒匂川花火大会 歴史・簡単概要】
小田原酒匂川花火大会(おだわらさかわがわはなびたいかい)は1990年(平成2年)に小田原市の市制50周年を記念して行われたのが始まりです。小田原酒匂川花火大会は2017年(平成29年)に第28回目を迎える歴史ある花火大会です。小田原酒匂川花火大会は小田原市観光協会が主催しています。なお小田原酒匂川花火大会は神奈川県内最大規模の花火大会とも言われています。
*参考・・・小田原酒匂川花火大会小田原酒匂川花火大会wikipedia

【小田原市 歴史・簡単概要】
小田原酒匂川花火大会が行われる小田原市(おだわらし)は神奈川県の南西部に位置しています。小田原市は南足柄市・二宮町・大井町・開成町・中井町・箱根町・真鶴町・湯河原町に接し、神奈川県南西部の中心都市です。小田原市は二級河川・酒匂川(さかわがわ)の流れる足柄平野(あしがらへいや)の南部にあり、東部は大磯丘陵・西部は箱根外輪山の東斜面で、南部は相模湾に面しています。ちなみに酒匂川は富士山東麓と丹沢山地西南部を主な源とし、静岡県内を鮎沢川(あゆざわがわ)として流れ、小田原市内で相模湾に注いでいます。小田原市は戦国時代に北条早雲(ほうじょうそううん・伊勢盛時)を祖とする後北条氏の城下町として栄え、江戸時代には小田原藩の城下町・東海道の宿場町・小田原宿、そして箱根山の要所として発展しました。ちなみに小田原市は小田原提灯・かまぼこ・梅の特産地として広く知られています。なお小田原市は1940年(昭和15年)に市制に移行しました。
*参考・・・小田原市・小田原酒匂川花火大会小田原市・小田原酒匂川花火大会wikipedia

【小田原酒匂川花火大会● 備考】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 全国新作花火競技大会

    全国新作花火競技大会2017/9/2

    全国新作花火競技大会2018は情報更新され次第、情報発信します。以下は昨年の情報です。花火は9月2日…

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 土浦全国花火競技大会
    土浦全国花火競技大会2017は2017年10月7日に行われます。土浦全国花火競技大会2017では速射…
  2. 大曲の花火
    大曲の花火2018は情報更新され次第、情報発信します。以下は昨年の情報です。花火は8月26日に行われ…
  3. 飛騨高山花火大会2018は情報更新され次第、情報発信します。以下は昨年の情報です。花火は8月2日に行…

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。