山之口どんどんまつり2018/9/1

山之口どんどんまつり2018は2018年9月1日に行われます。山之口どんどんまつり2018ではお祭りのフィナーレにスターマイン・メッセージ花火・ミュージック花火など約5,000発(昨年データ)の花火が夜空を彩ります。なお山之口どんどんまつりでは郷土芸能・武将弥五郎太鼓などのステージイベントが行われたりします。(要確認)

【山之口どんどんまつり2018 日程・時間(要確認)】
山之口どんどんまつり2018・・・2018年9月1日(土曜日)20:00~20:30(小雨決行・荒天順延9月2日)

【山之口どんどんまつり2018 会場アクセス・地図】
場所・・・宮崎県都城市・山之口運動公園

*JR山之口駅
●無料駐車場あり、山之口総合支所・JR山之口駅から無料シャトルバス運行予定

スポンサーリンク


【山之口どんどんまつり2018 概要(種類・規模)】
山之口どんどんまつり2018ではお祭りのフィナーレにスターマイン・メッセージ花火・ミュージック花火など約5,000発(昨年データ)の花火が夜空を彩ります。なお山之口どんどんまつりでは郷土芸能・武将弥五郎太鼓など様々なステージイベントが行われたり、スタンプラリーが行われたりします。(要確認)
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。

有料席・・・なし
*参考・・・山之口どんどんまつり2018(時間・観覧席・穴場・・・)

【山之口どんどんまつり 歴史・簡単概要】
山之口どんどんまつり(やまのくちどんどんまつり)は賑わい創出などを目的に行われています。山之口どんどんまつりでは花火大会以外にも郷土芸能などの様々なイベントが行われています。なお山之口どんどんまつりは山之口町イベント実行委員会が主催し、都城市・山之口町商工会・山之口町商工会青年部が後援して行われています。
*参考・・・山之口どんどんまつり山之口どんどんまつりwikipedia

【都城市 歴史・簡単概要】
山之口どんどんまつりが行われる都城市(みやこのじょうし)は宮崎県の南西端に位置しています。都城市は宮崎県内で宮崎市に次ぎ2番目に人口が多い都市です。ちなみに都城市の名称は北郷義久(ほんごうよしひさ)が築城した都之城(都城)に由来しています。都城市は宮崎県の宮崎市・日南市・串間市・小林市・三股町・高原町、鹿児島県の曽於市・霧島市・志布志市に接しています。都城市は都城盆地にあり、大淀川水系の本流で一級河川・大淀川上流に位置し、東部に鰐塚山地(わにつかさんち)、西部に霧島山系の山々があり、南部・西部は鹿児島県と接しています。ちなみに霧島山系の第2峰・高千穂峰の東南麓は霧島屋久国立公園に属しています。都城市は平安時代末期に大宰大監・平季基(たいらのすえもと)が日本最大の荘園・島津荘(しまづのしょう)を開いて栄え、鎌倉時代初期に惟宗忠久(これむねただひさ)が地頭職となって島津氏を称しました。その後島津氏が本拠地を鹿児島に移し、南北朝時代に島津氏の一族・北郷義久が都島に築城して都之城と称しました。江戸時代には薩摩藩の支藩が置かれました。ちなみに都城市はかつて薩摩藩の支藩が置かれたことから鹿児島弁や薩摩文化が色濃く残っているとも言われています。都城市は現在製糸・醸造・食品・家具などの工場が立地し、畜産・酪農・稲作・茶・サツマイモ・葉タバコ・ダイコン・花卉などの栽培も盛んに行われています。なお都城市は1924年(大正13年)に市制に移行しました。
*参考・・・都城市・山之口どんどんまつり都城市・山之口どんどんまつりwikipedia

【山之口どんどんまつり2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 全国新作花火競技大会

    全国新作花火競技大会2018/9/1

    全国新作花火競技大会2018は2018年9月1日に行われます。全国新作花火競技大会2018では全国か…

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 土浦全国花火競技大会
    土浦全国花火競技大会2017は2017年10月7日に行われます。土浦全国花火競技大会2017では速射…
  2. 大曲の花火
    大曲の花火2018(全国花火競技大会)は2018年8月25日に行われます。大曲の花火2018では「あ…
  3. 飛騨高山花火大会2018は2018年8月1日に行われます。飛騨高山花火大会2018では風情溢れる古い…

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る