新潟まつり花火大会2017/8/6

新潟まつり花火大会

新潟まつり花火大会2018は情報更新され次第、情報発信します。以下は昨年の情報です。花火は8月6日に行われます。新潟まつり花火大会2017では新潟の夜空を彩るスターマイン・信濃川河畔に映えるナイアガラ大瀑布・大型ワイドスターマイン「エボリューション(進化)」などの花火が夜空を彩ります。新潟まつり2017ではまちなか音楽花火(8月5日)などのイベントも行われます。

●新潟まつり花火大会2018は2018年8月12日に行われる予定です。詳細は現在確認中です。(変更の場合あり)

【新潟まつり花火大会● 日程(要確認)】
新潟まつり花火大会●・・・2017年8月6日(日曜日)19:15〜20:30(荒天延期8月7日)

【新潟まつり花火大会● アクセス・地図】
場所・・・新潟県新潟市中央区・信濃川河畔(萬代橋~昭和大橋西詰)

*JR新潟駅・JR白山駅
●駐車場なし

スポンサーリンク


【新潟まつり花火大会● 概要】
新潟まつり花火大会2017では新潟の夜空を彩るスターマイン・信濃川河畔に映えるナイアガラ大瀑布・大型ワイドスターマイン「エボリューション(進化)」などの花火が夜空を彩ります。新潟まつり2017ではまちなか音楽花火(8月5日)などのイベントも行われます。
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。
●ナイアガラの滝・・・焔管(えんかん)を速火線で連結して一列に吊し、点火すると焔管から火の粉が一斉に流れ落ちる仕掛け花火です。長いものでは2,000メートルにもなるものがあるそうです。

有料席・・・あり
*参考・・・新潟まつり花火大会(時間・観覧席・穴場・・・)

【新潟まつり花火大会 歴史・簡単概要】
新潟まつり(にいがまつり)は1726年(享保11年)に行われた湊元神社(つもとじんじゃ)の住吉祭(住吉行列)が起源と言われています。湊元神社は廻船問屋・網干屋が大阪・住吉神社から御神体を勧請して創建され、現在は白山神社内で住吉神社として祀られています。その後1955年(昭和30年)に住吉祭・川開き・開港記念祭・商工祭の4つの祭りが統合され、新潟まつりになりました。ちなみに川開きは1908年(明治41年)の2度の大火からの一日も早い復興を願い、9月10日・11日に萬代橋下流の中州から花火を打ち上げたのが起源です。新潟まつり花火大会は2002年(平成14年)までは八千代橋付近から打ち上げられていたが、2003年(平成15年)からは現在の場所(萬代橋~昭和大橋西詰)から打ち上げられています。
*参考・・・新潟まつり花火大会新潟まつり花火大会wikipedia

【新潟市 歴史・簡単概要】
新潟まつり花火大会が行われる新潟市(にいがたし)は新潟県の中央部(下越地方)に位置しています。新潟市は新潟県の県庁所在地で、政令指定都市です。新潟市は本州日本海側で最も人口が多い都市で、唯一の政令指定都市です。ちなみに北海道・九州などを含めた日本海側では福岡市が人口が最も多く、新潟市はそれに次ぐ2番目だそうです。新潟市は北区・秋葉区・東区・南区・中央区・西区・江南区・西蒲区の8区で構成され、新発田市・阿賀野市・五泉市・加茂市・三条市・燕市・長岡市・聖籠町・田上町・弥彦村、そして海を隔てて佐渡市に接しています。新潟市は信濃川水系の本流で一級河川・信濃川と阿賀野川水系の本流で一級河川・阿賀野川の下流域の新潟平野に広がり、低湿な平野とたくさんの潟湖があり、海岸線には新潟海岸・新潟砂丘と言われる砂丘が形成されています。新潟市の地名は潟に由来するとも言われているそうです。(諸説あり)新潟市は緯度の割に比較的温暖であるが、冬場は日本海からの季節風が吹き付けます。新潟市は古来から信濃川の河口にあった蒲原津が越後の国津とされ、人や物資の集まる交通の要所でした。その後江戸時代初期に新潟湊(新潟津)が西廻航路の寄港地として栄え、年間3,500艘が入港したこともあったそうです。1858年(安政5年)の日米修好通商条約では新潟湊が日本海側で唯一開港5港に選ばれました。ちなみに蒲原津・新潟津は沼垂湊とともに新潟三ヵ津と言われていました。なお新潟市は1889年(明治22年)に市制、2007年(平成19年)に政令指定都市に移行しました。
*参考・・・新潟市・新潟まつり花火大会新潟市・新潟まつり花火大会wikipedia/a>

【新潟まつり花火大会● 備考】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 全国新作花火競技大会

    全国新作花火競技大会2017/9/2

    全国新作花火競技大会2018は情報更新され次第、情報発信します。以下は昨年の情報です。花火は9月2日…

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 土浦全国花火競技大会
    土浦全国花火競技大会2017は2017年10月7日に行われます。土浦全国花火競技大会2017では速射…
  2. 大曲の花火
    大曲の花火2018は情報更新され次第、情報発信します。以下は昨年の情報です。花火は8月26日に行われ…
  3. 飛騨高山花火大会2018は情報更新され次第、情報発信します。以下は昨年の情報です。花火は8月2日に行…

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。